一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
JUGEMテーマ:家庭


新店舗ー二文字屋一宮店
計画からほぼ1年,土地探しからこの計画は始まりました。
候補にあがる土地はあってもなかなかうまくいかないのは当然です。
土地の大きさ、建築費などそのつど実行予算をたて実現できる可能性の中で建築計画を進めました。
思い出せばやはりこの企画構想計画を、しっかりたてた事が無事完成までの道のりに大きく影響しました。
土地探しからほぼ半年思いがけないほどよい立地条件の土地が見つかりました。
これも長年ご商売をされてきた施主様の人柄が大きく影響されてと思います。
これから少しづつこの建物と二文屋さんについて書き留めたいと思います。
kuu


ニ文字屋さん
| kuu | 11:00 | comments(0) | -
完成!!
20日ほど早く完成しました。
土地選びから〜計画〜完成までおよそ1年半でした。

施主様が初めの頃に完成工期を心配なさっていらしゃいましたが、
とても早く完成しました。
今回ローコスト+シンプルのオリジナル住宅と言う事で、職人さん
監督さんには大変お世話になりました。
あらためて思いますのは、今回のような実行予算の中で進行する
には、やはり職人さんのオリジナル住宅に対しての心意気でした。
特に監督+大工さんの心意気が左右したように思います。
普通なら当然追加予算になるような場面でも工夫してクリアー
でした。
オリジナル住宅を建てるにはやはり人と人との信頼関係が
とても重要だと今回も思いました。

これから住まわれる施主様も今回の貴重な経験と目には見えない
ところで活躍していただいた職人さんの心意気を感じていただい
たのではと思います。

今後、新しい住居と環境があらたな感動と幸せな生活を創り
出す事を祈っております。


監督岩倉さん、大工さん、塗装屋小松さん、板金屋大矢さん、
家具高橋さん、設備篠又さん、電気森さん
本当にごくろうさまでした。ありがとうございました。
kuu---yosida



-----------------------------------------------------------
| kuu | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0)
完成までもうしばらくです。
外壁工事も終わり、内部の塗装工事がはじまろうとしております。
今回の内部空間については、合理性と快適性を追求するために、ぎりぎりの体積を立ち上げました。
斜天井は空間体積をよりすくなくしながら室内に変化をもたらす方法になり、上部に向かって方向性と広がりをもたらしてくれます。
塗装の白一色の仕上がりが今後どのようなイメージを造り出してくれるか楽しみな行程に入りました。

kuu
| kuu | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0)
H.24.PNG
今日(24日)からいよいよ現場工事です。
既存の土地のブロックなど撤去して地盤の整備にかかりました。
浄化層、配管の埋設工事も2〜4日の内には完了して、土留め〜基礎工事に入ります。
今回の基礎工法はべた基礎工法です。建物の規模からいっても安心できる基礎工法です。
現場の監督、職人さんよろしくお願いします。
| kuu | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0)
施主様の御心配はよくわかりますよ。
とにかくはじめての経験ですから。
現場での工事が実際に始まるまでは普通ですとご契約後5日〜15日間位有余が必要です。
(中には契約前に進める工事もあるみたいですが?)
実はその間に職人の手配とそこで工事を進めるための仮設準備がすでに始まっているのです。電気の引き込みとか浄化槽の埋設の打合せ、基礎の準備〜棟上げのプレカットの確認
などなどです。始まりますとほぼ30日後くらいの決まった確実な工事工程を作らないといけないのです。ですから最初は建物を建てる職人さんとか工事の業種のつなぎ、接点をうまく工程に入れる仮設準備期間がどうしても必要なのです。今の段階ですと棟上げを目標に工程を作ります。
世界に一つしかないオーダー住宅です、確実に進みたいと思います。
進み具合が目に見えないのは心配でしょうが、今は目に見えないところで進んでおりますので大丈夫です。
| kuu | 10:24 | comments(0) | trackbacks(0)
昨日.仏式の地鎮祭を行ないました。
仏式と言う事で.いつもとは少し違った雰囲気でした。
それは.土地の四方角に.ある種の文字が書かれた紙を置き.その上に塩をもりたてる事から始りました。
お坊様の般若心経のお経と.ウ〜ヲ〜ウ〜ヲと言う声が大地に響きわたり.これから施主様がこの大地に命を育む報告と工事のお許しをこの場所の精霊に呼びかけるかのようでした。私達工事関係者もしっかり手を合わせて工事の無事を願いました。
無事式も終わり.純粋に心がほっ!とする体験でした。
| kuu | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0)