<< キッチンの取替 | main | 防犯ドアー工事 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
JUGEMテーマ:日記・一般
カンボジアシエムリアップに行ってきました。
タイからバスで陸路を走り1日かけてシエムリアップに入りました。今回の予定はバンコクに4日間〜カンボジア4日間〜飛行機内2日の予定を組みました。カンボジアのビザは東京のカンボジア大使館にて申請しました。

陸路で入るにはそれなりの覚悟がいります。
ツアーと違い全て自分で判断しなければいけません。それがまた旅の醍醐味です。
ちょっと心配したのはタイ出国審査をうけ今度はカンボジアの入国審査をうまくできるかと言う事でした。
今回の小型バスの人達はアメリカ?スペイン?ドイツ?話している言葉で推定しての人種確認でした。

とにかく何だか分からないのですが、彼らの跡をついて行くことで全て解決できましたがカンボジアに入国後一時迷子になりました。運良くバスのカンボジアのおじさんが見つけてくれて助かりました。
国境の付近はとても混沌としている感じでしたがタイ、カンボジア、ベトナムの人達は忙しく仕事をしているのでした。
ただ小さな子供や身体の不自由な人がお金を要求する事が多くその姿はとても心をいためるものでした。

40周年の照明付きボールペンえおバックに詰め込んでもっていき子供達やお世話になった人達にプレゼントしてきました。

僕の旅行初めは1972年にアラスカから始まり、台湾、グアム〜ロタ島、インドネシア〜バリ、中国、チベット、ホノルル、
イタリア、タイ、カンボジア、と見てきました。いずれもおもにインテリア、建築〜宗教を絡ませた旅でした。
その中で発展途上国の子供達にはボールペンをプレゼントとして持って行きました。
少しでも役立てばと思っています。


今回のシエムリアップ、アンコールワットはその中でもすばらしい感動の旅でした。

アンコールワットの朝日

つづく
| 住宅リフォーム | 09:48 | comments(0) | -
| - | 09:48 | - | -
COMMENT