一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

JUGEMテーマ:岐阜 住宅 リフォーム 相談

 

デッキとパーゴラを造ります。

ネットの検索で当社に連絡がありました。

お話を聞くと現場が当社の近くで5分ほどの場所でした。

また事務所の前をいっも通っていますとの事でビックリでした。

 

さて!

現場の工事内要はデッキとパーゴラのお見積でした。

近くのホームセンターに見積依頼され〜〜当社は二番目でした。

 

最初はキセイヒヒンのアルミ製品と樹脂のデッキでした。

金額はおかげさまで当社がお値打ちと言う事でご注文を受けました。

 

結局〜〜全て本物の木製で造るという事になり〜〜パーゴラは米松+FRP

デッキはウリン材+オスモ塗装になり全て手作りになりました。

屋根の部分には遮熱FRPを張ります。

お盆前には完成予定です。

| 住宅リフォーム | 09:40 | comments(0) | -
カンボジアに行ってきました。つづき

今回カンボジアのまでの旅は8日間
タイ〜バンコク(カオサン)で格安バスの3泊4日を申し込みました。
金額は4.000B日本円で¥13.200朝食付き+現地ガイド付きです。
とにかく現地で予約すると日本円で¥20.000もあればお土産付きの4日〜5日のカンボジア旅行ができます。
ただ陸路で行きますので時間がかかります。
飛行機と違って陸路ですと日常の庶民的な風景など感じる事ができます。


歩いて国境を超えます〜手前がタイ、国旗が見えます。
 先がカンボジア
写真正面アンコールのモチーフの門をくぐってカンボジアの入国審査があります。

日本人は自分入れて3人ほど40人〜50人の外国人ばかりでした。
日本人にはほとんど時間をかけず入国できました。
これも日本のカンボジア国際援助が効果??


どこまでも続く水田



町の中では若い人達が懸命働いています。



欧米人が作り上げた町〜パブストリート/欧米人ばかり日本人は見かけられない!

平均年齢が27歳と若いカンボジア〜中国資本が進んでいる〜〜
北朝鮮のレストランもあります。

旅行の最終に
1973/11/29クメールルージュに処刑された一ノ瀬泰造の住んでいた
レストランに行きました。





一ノ瀬さんが間借りしてたレストラン



間借りしてた部屋は改装されてレストランの冷房部屋でした。
彼が撮った写真が20点ほど壁にかけてあった!(本人の写真を写す)
| 住宅リフォーム | 13:30 | comments(0) | -
屋根裏工事

屋根裏を新たに部屋を造る事になりました。

全く何も無い屋根裏空間に隠れ部屋の新設計画でした!

基本は最大限空間利用する〜檜を使うこの2点でした!

床組工事が大変でしたが無事完成しました!

*檜の節が雰囲気をだしてくれました。
木の香りが屋根裏にここちいい空間を演出します。
 
| 住宅リフォーム | 10:34 | comments(0) | -
スポーツセンターの日除け!Docomo1Docomo1Docomo1

スポーツセンター(ホリディスポーツセンター)の日除けの相談を受けました。
防水で光を調節でき価格もお値打ちな物がないかと言う事でした。

日米ブラインドのセレーノ25^タイプ遮熱スラットをおすすめさせていただきました。

この遮熱スラットは通常のソリットタイプと同額でとてもお値打ちです。

無事施工もすみました。
ありがとうございました。拍手嬉しい









 
| 住宅リフォーム | 08:36 | comments(0) | -
外壁ガルバ板金張替え工事工具工具

現場は大垣市内です。
築30年ほどの住宅の外壁補修工事です。
今回は既存のモルタルの
にガルバリュウム板金を張る工事です。
既存のモルタルが劣化して一部が崩落しました。
モルタルを補強したその上から板金を張りました。

      


| 住宅リフォーム | 08:34 | comments(0) | -
外壁塗装工事

住宅3F建ての外壁塗装工事です。
足場養成工事がはじまりました。
塗装材料はSK化研のプレミアムシリコンです。
塗装材料はいろいろと種類がありどれが本当に良い材料か分からない部分があります。
SK化研はに本の建物塗料の半分ほどのシアーがあり信頼できます。

今回使用のプレミアムシリコンはおよそ15年の耐久性能(メーカー)です。
うまくいけば20年はいけるかも?

今回の住宅は軒があり雨等が直接かからないので長持ちするのではと思っています。

| 住宅リフォーム | 11:01 | comments(0) | -
防犯ドアー

先日某店舗に泥棒入りました。
物騒な世の中です。
怪我人などがなかったのでまずはよしです。

オーダーのドアーがこじあけられ使い物になりませんので新設ドアーを
造る事になりました。
今回は鍵〜フランス落しや防犯ガラスを検討しました。
オーナーさんが保険にはいっていると言う事で安心しました。

それにしても最近事件がおおすぎますね〜〜
| 住宅リフォーム | 10:42 | comments(0) | -
JUGEMテーマ:日記・一般
カンボジアシエムリアップに行ってきました。
タイからバスで陸路を走り1日かけてシエムリアップに入りました。今回の予定はバンコクに4日間〜カンボジア4日間〜飛行機内2日の予定を組みました。カンボジアのビザは東京のカンボジア大使館にて申請しました。

陸路で入るにはそれなりの覚悟がいります。
ツアーと違い全て自分で判断しなければいけません。それがまた旅の醍醐味です。
ちょっと心配したのはタイ出国審査をうけ今度はカンボジアの入国審査をうまくできるかと言う事でした。
今回の小型バスの人達はアメリカ?スペイン?ドイツ?話している言葉で推定しての人種確認でした。

とにかく何だか分からないのですが、彼らの跡をついて行くことで全て解決できましたがカンボジアに入国後一時迷子になりました。運良くバスのカンボジアのおじさんが見つけてくれて助かりました。
国境の付近はとても混沌としている感じでしたがタイ、カンボジア、ベトナムの人達は忙しく仕事をしているのでした。
ただ小さな子供や身体の不自由な人がお金を要求する事が多くその姿はとても心をいためるものでした。

40周年の照明付きボールペンえおバックに詰め込んでもっていき子供達やお世話になった人達にプレゼントしてきました。

僕の旅行初めは1972年にアラスカから始まり、台湾、グアム〜ロタ島、インドネシア〜バリ、中国、チベット、ホノルル、
イタリア、タイ、カンボジア、と見てきました。いずれもおもにインテリア、建築〜宗教を絡ませた旅でした。
その中で発展途上国の子供達にはボールペンをプレゼントとして持って行きました。
少しでも役立てばと思っています。


今回のシエムリアップ、アンコールワットはその中でもすばらしい感動の旅でした。

アンコールワットの朝日

つづく
| 住宅リフォーム | 09:48 | comments(0) | -

築33年RC住宅リノベーションー2

リノベーションにはいろいろな取組み方がありますが、
大事な事は計画〜設計段階がもっとも重要です。
単なるリフォームですと部屋がきれいになったとか、明るく、、、と言う感じですが、
30年ほど過ぎた住宅に今後も住むと事は今後30年間の住人の日々の予想計画〜設計を住宅に
どのように入れ込むかによって決まってきます。
むずかしいのですが、これが特に重要です。


旧南リビング面
新設玄関   床は洗い出し



   
新設玄関アプローチ                  旧玄関とアプローチ
旧玄関を格子扉にて閉鎖/物干場所と愛犬のスペースとする。
既存の形体を残し新たな雰囲気と機能を考える。

つづく!
| 住宅リフォーム | 08:36 | comments(0) | -
 築33年RC住宅リノベーション

築33年のCR住宅です。
リフォームの仕方によりまだまだ30年は住めそうです。
今回施主様の第一のご要望は
『今後の高齢時に対応できるようにしたい!』
30年以上住まわれるとやはり家族の身体が中心のテーマになります。

その結果
(1)既設の玄関を無くし、リビングを大きく、
   既設のリビング(ほとんど使用しない)を玄関にする。
   高齢化時に伴い玄関の出入りや車椅子に対応できるスペース。
   南向き玄関の長所を生かし、季節のいい時期にはドアーを解放してくつろぐ時間ができる場所にもなる。
   全体的に住宅を見直し20年以上再度住める形にしましょう!!


   現状のリビング(玄関に計画)
   

   新しくなった玄関
   
   
(2)既設のキッチンとリビングを全面リフォーム!
  (断熱材を天井〜壁〜床にいれました。)
   既存の玄関部分をリニングにして面積を広くします。
   I型キッチンを今回L型にします。
   孫や子供達が遊びにきても対応できる計画です。
   
   現状のリビングキッチン         


       


   新しくなったキッチン       
 


つづく!
| 住宅リフォーム | 10:15 | comments(0) | -